「やりたいことを全部やる人生」に必要な8つのマインドセット

人気の情報サイトTABI LABOにてコラム掲載したシリーズをこちらでも紹介したいと思います!

 

美人で仕事もできる人がいる。

そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしてませんか?

 

でも、本当に大事なのは、「夢」や「目標」を実現することではなくて、夢を追っている時の、喜び・幸せを感じる気持ちの方。以下は、「やりたいことを全部やる」ために、私自身が日々実践している8つのマインドセット。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 

shutterstock_113138596

 

 

01.
doing(モノ、行動)より

あなただけのbeing(気持ち、あり方)

 

夢や目標を追い求める過程で、時に苦しくなるのはナゼ?
本当に大事なのは、夢が叶った時、喜び・幸せを感じる気持ちの方。その夢、本当にわくわくできる? 心がともなっている? そこさえ確認できれば、目標を実現するまでの道のりをブレずに進んでいける。
達成した後になって実は充実感がなかった・・・なんてあり得ない!

 

 

 

02.
意外と知らない!?

自分の「本当の気持ち」の引き出し方

 

本当に不思議だけど、自分のことって意外とわかっていないもの。だから、日々の行動や思考に対して「なぜ好きなの?」「なぜ選んだの?」「なぜ行くの?」と自問して。
「なぜ?」と考える癖をつけると、行動の裏側に隠れている自分だけのbeing(気持ちや価値観)にたどり着ける。

 

 

shutterstock_117809659-copy

 

 

03.
目標はあえて記さない

何をするにも基準は「ワクワク」

 

年の初めに目標を立てる人は多いはず。ただし目標を立てる行為は、モノや行動にフォーカスされて、本来の気持ちが置き 去りになりがち。「~ねばならぬ」「~すべき」という言葉に、追い込まれてない? 目標のリストアップはいいことだけど、もしも楽しめていないなら思い切ってストップを!
目標は「その時の自分の興味を知るため」にあり、むしろ「こんな1年(人生)を送りたい」という価値観を明確にしておく方がベター。その先に目標の実現がある。

 

 

04.
「もう一人の自分」を最強のパートナーにする

 

意識には顕在意識と潜在意識があり、顕在意識は全体の3~5%に過ぎない、というのが通説。潜在意識の方が、情報量や可能性も多く、これを味方につければ最強だ。
潜在意識にアクセスする方法は主に2つで、常に自分の「心」に正直な選択をすることと、自分に質問すること。頭より感情に従うことで、心と体が一体的に動くようになる。自分自身に興味を持って、質問を繰り返せば、潜在意識と信頼関係が築かれる。自分と仲良くなる方法は、他人とのコミュニケーションと同じなのだ。

 

 

shutterstock_142334290

 

05.
自分への質問を
ノートに書き出す

 

自分を知るのに、ノートは有効だ。常に持ち歩き、思いついたことや気になったことは、すかさず書き留める。感情 はなまもの。後で書こうと思っても、忘れたり、その時の感情と違う形になったりする。瞬間、瞬間で得た感情は、きっと何かに気付くためのヒントになる。書 き留めなかったら大損だ。
なにより、感情を文字にあてはめてみることによって、漠然としていた自分の感情が整理される。モヤモヤや不安も分解され、夢は行動計画に、不安は課題に、たちまち姿を変えてしまう。

 

 

06.
ネガティブな感情はポジティブの予兆

 

物事には「陰と陽」があり、ポジティブなものには必ずネガティブな側面がある。逆もまた然り。ネガティブに感じ ていることも、視点を変えればポジティブになり、学びのチャンスに早変わり。ネガティブな自分を受け入れ、その感情がどこから来ているのか? 理由は何なのか? とひとつずつ掘り下げてみよう。原因がわからないから消えないだけで、正体がわかれば手放せることが多い。ネガティブなことは、その側面に隠れているポジ ティブなものを知らせるために起きている。

 

 

shutterstock_192287807

 

 

07.
「ワガママ」になろう!

 

ワガママとは「私のまま」「あるがまま」という意味。本来、誰もがそうあるべきなのだ。
必要以上に自分を犠牲にしたり、人の目を気にしたりすると疲れてしまう。一方、自分に正直な人は気持ちよく生きているから、周囲の言動に腹を立てることがない。他人にもやさしくなれる。
あるがままに生きる人が増えたら、人に気を遣い過ぎたり、妬んだりすることがなくなるはず。自分が心から思ったことしか口にせず、行動もしない。このシンプルさが、全てをうまく回してくれる。

 

 

08.
無になる時間と直感に従うことの大切さ

 

理詰めで考えたことよりも、感情や直感で選んだことはモチベーションが高いので成功しやすい。思考が優先して、心で感 じることが難しい時、思考を休止させる手段としてランニングやヨガなどの運動、瞑想や音楽を聴くといったリラクゼーションもいい

。没頭することで、「無の 状態」を誘い、ひらめきが訪れる。日頃から心で感じる時間を持つと、直感が鈍ることはない。

 

 

 

 

詳しくはこちらの本をご覧くださいね!

 

やりたいことを全部やる人生を購入する 好きなことでお金を稼ぐ方法を購入する