自分を知り、自分を活かし、自分が輝き、幸せになることで、周囲も幸せにできる女性を増やしたい。

 

この想いに共感し、自ら体現したいと願う女性たちが集まる 長谷川朋美アカデミー「ビューティーライフエキスパート講座」。

DAY1の後半「自分を取り巻く環境を整える丁寧な暮らし」のレッスンについてレポートします。

 

 

 

 

 

前半の「Introduction〜自分のbeingを知る」で様々なワークを通してお互いの価値観をシェアし、その後に和やかなランチタイムをはさんで、アカデミー生同士のつながりと士気が高まる中、後半「自分を取り巻く環境を整える丁寧な暮らし」がスタートしました。

 

アカデミー生がサロンに戻ると、後半のレッスンテーマに合わせたオリジナルアロマが優しく空間を包んでいました。

 

後半のレッスンのテーマカラーはグリーン。

テキストのグリーンのページを開き、グリーンのポマンダーでオーラを整えて、レッスンに臨みます。

 

 

 

 

You are what you think and eat.

 

 

 

 

普段、なかなか意識することはないかもしれませんが、私たちの身体は私たちが食べたものでつくられ、私たちのマインドは私たちの思考によってつくられています。

「ビューティーライフエキスパート講座」では、この他にもうひとつ自分をつくる大切な要素があると考え、カリキュラムに取り入れられています。

 

その要素とは、「環境」。

ひとくちに環境といっても、住んでいる地域や家、場所、職場やプライベートの人間関係、よく耳にする言葉や音楽、身につけるもの、目にする景色やものなど、自分をつくる環境の中には、実に様々な要素が要素が含まれています。

このレッスンでは、こうした自分を取り巻く環境について、ひとつひとつ丁寧に向き合っていくのです。

 

 

 

 

ライフスタイルに欠かせないキーワード

 

 

 

 

まずは、「あなたのライフスタイルに欠かせないキーワード」を5つ書き出すワークを行いました。

 

前半で学んだことを活かし、「早寝早起き」や「運動」のようなdoing(行動)ではなく、その先にあるbeing(どう在りたいか)を意識して、キーワードとそれを定義づける言葉を書き出します。

 

漠然と生きていると、自分の価値観やライフスタイルのテーマなどをすぐに言語化するのは容易なことではなく、beingにそって書き出すのはさらに難易度の高いことですが、ワークの度にシェアをしたり、朋美さんから投げかけられるコーチングのメソッドに基づいた質問に答えていくことで、少しずつ自分の内面を汲み取り、それを言葉で表すことができるようになっていきます。

 

 

 

 

住まいに欠かせないキーワード

 

 

 

 

人生やライフスタイルなど、自分の軸となる価値観をつかめてきたら、少しずつその軸と密接に関わり合う環境にフォーカスしていきます。

 

まずは、住まい。一日の始まりと終わりを迎え、心身のスイッチのオンオフの切替を行う住まいは、自分自身に大きな影響を与える環境のひとつといえます。

 

これまでのワークで見出してきた自分の価値観に合った住まいに必要なもの、不要なものは何か、どうしたら自分にとってもっと心地よい住まいになるか、その答えを5つのキーワードとその定義を書き出すワークを通して探っていきます。

 

 

 

 

 

理想と現実のギャップから課題とアクションプランを見いだす

 

 

 

 

その後も、「時間とエネルギーをかけたいこと5つ」、「理想の人間関係のキーワード5つ」、「モチベーションが上がるスイッチ」、「理想の一日」など、ひたすら自分の内面を見つめ、自分が本当に求めているのはどんな環境、どんな暮らしなのかをアウトプットするワークが続きます。

 

また、ただ理想をキーワードとして書き出すだけではなく、現実はどうかについても考えていきます。

 

例えば、本音では「もっと家族との時間や学びに自由な時間やエネルギーを使いたい」、「上辺だけの人間関係は手放したい」と思っているのに、あまり気乗りしない誘いを断れずに受けてしまう、というようなこともあると思います。

こういった理想と現実のギャップを引き起こしている理由にも目を背けず、ひとつひとつ丁寧に掬い上げ、どうしたら理想に近づけるかをアカデミーを通して学んでいくのです。

 

 

 

 

 

「手放したいもの」を宣言

 

 

 

 

 

一通りのワークを終え、それぞれに様々な課題や目標が見つかったところで、朋美さんから、それぞれ「手放したいもの」を宣言しましょう、と提案がありました。

 

手放したいと思っていてもなかなか実現できないものも、言葉にして誰かに伝えると、不思議とモチベーションと行動力が湧いてくるもの。

 

アカデミー生それぞれが宣言した「手放したいもの」は、物理的な環境や人間関係、習慣など様々でしたが、「絶対手放します!」と力強く語る姿に、わずか一日でも深く自分と向き合ってきたことで、自分を信じる力が確かに強まっていることを感じました。

 

 

 


 

 

 

 

「ビューティーライフエキスパート講座」では、レッスンの最後に瞑想タイムが設けられています。

 

ちょうど日が暮れる頃、ハーブティーとヒーリングミュージックで心を落ち着かせ、レッスンで高まった交感神経を沈めながら、ゆっくりと一日を振り返ります。

 

ただ知識をインプットするだけ、自分と向き合うだけではなく、きちんと感じたこと、知ったこと、得た気づきなどをじっくり反芻する時間をもつことで、それらが自分の中により深く定着していくことを実感できます。

 

 

頭を整理して心を落ち着けたところで、最後に冒頭に定めたそれぞれの今日のゴールに対するフィードバックと、今後のアクションプランを書き出して、レッスンは終了となりました。

 

 

アカデミーはレッスン自体は3日間ですが、レッスンとレッスンの間に考えること、選択すること、とった行動すべてが「自分を知り、自分を活かし、自分が輝き、幸せになることで、周囲も幸せにできる女性」へのステップとなります。

 

朋美さん、ステキな仲間たちとFacebookの非公開グループでつながりながら、それぞれが掲げたゴールまでの道のりを一歩一歩支え合いながらも自分の足で進んで行くのです。

 

 

 

 

 


 

 

長谷川朋美アカデミー<平日クラス>

7期生募集中!!

 

3月8日・3月22日・4月5日

(全て水曜日10:00-17:00)

 

 


The following two tabs change content below.
mika

mika

1983年生まれ東京都在住。幼少期から「ことば」が好きで、特に限られた文字数で想いや本質、情景を伝えるキャッチコピーや詩の世界に惹かれ、大学ではイギリス詩を専攻。大学卒業後は接客・販売業を通して人の心を動かす視覚的・感情的アプローチを学ぶ。現在は「人、もの、コト」の魅力を人に伝えることを共通の目的として、マーケティング会社に勤務する傍ら、個人でWEBライター、PR、女性起業家のセミナーアシスタント、イベントプロデュース等の活動を行う。