世界の女性を奮い立たせる!!ビヨンセ流【パワフルな生き方】

’’常に自分に挑戦する。’’という確固たるポリシーを持つアーティスト、ビヨンセ。

幼い頃からグループで音楽活動を始めた彼女ですが、駆け出しの頃はスーパーの前に段ボール箱を並べて歌を歌っていた時期もあったという。

今やスーパースターになった歌姫が世の女性に伝える、パワフルな生き方とは??

’’どれだけお金を稼いでも、決して私から故郷を奪うことはできない。’’

LOS ANGELES, CA - JANUARY 31: Singer Beyonce rehearses for the 52nd Annual GRAMMY Awards held at Staples Center on January 31, 2010 in Los Angeles, California. (Photo by Jordan Strauss/WireImage) *** Local Caption *** Beyonce

NFLスーパーボウルのハーフタイムショーで初めてパフォーマンスされた''Formation''という新曲は、アフリカン・アメリカンとして生まれたプライドがテーマとなっています。

’’黒人が成功するには白人よりもずっと多くの努力をしなければならない。’’

''わたしは黒いビル・ゲイツ’’

など、未だ社会に蔓延る人種差別に屈しないというメッセージを掲げた。

どれだけ有名になっても、自身のルーツに誇りを持ち、タブーなテーマも歌に込めるのが彼女のスタイルです。

’’ひとつの場所にとどまるのは、仕事をしてないのと同じ。人間としての成長もないし、時間の無駄だわ。私は常に、それまでとは違った何かをやりたいと思ってる。’’

large-4

変化のない日々を恐れるビヨンセにとって、何か新しいことに挑戦するのは最もエキサイティングなことなのでしょう。

それは音楽だけではなく、プロモーションにも言えること。

宣伝を一切行わず突然楽曲をリリースして売り上げ記録を新樹立するなど、常にリスナーを驚かせ、楽しませています。

「次は何をしてくれるんだ?」という世間の期待に応えることで彼女は満たされるのでしょう。

‘’人生に大切なのは、何回呼吸するかではなく、何度息をのむほどの瞬間に会えるかよ。‘’

large-5

この言葉は故マイケル・ジャクソンの追悼式で述べられたメッセージ。

何歳になっても「ハッ」と息をのむ瞬間に出会えるということは、常に新しいものを求める心の表れでもあります。

チャレンジ精神に溢れる彼女は、大いにリスクを楽しむことで誰もマネ出来ない事を次々と成し遂げています。

 

彼女のパフォーマンスはいつも人を驚かせ、心を動かし、力強いメッセージを伝えてくれます。

そして、いつも女性であることの誇らしさを気づかせてくれます。

これからも世の女性を啓発し続け、素晴らしい歌を届けてくれることでしょう。

 

 

長谷川朋美オンラインサロン

毎週オンラインサロン限定動画の公開やセミナー&イベント優待がございます!
DMMオンラインサロンにて入会を受け付けております。

長谷川朋美オンラインサロン