腸内環境と免疫の関係。健康な体を育てる腸活・菌活

あなたは最近、疲れやすい・すぐに風邪をひいてしまうなど体の不調を感じることはありませんか?

もしかしたらそれは、免疫力の低下によるものかもしれません。

実は免疫には、何かと話題を集めている<腸内環境が大きな関わりをもっており、腸内環境は免疫の要ともいわれているのです。

なぜそういわれるのか、その秘密についてご紹介します。

そもそも、免疫って何?

185101323

免疫とは、一言で言うと字の通り私たちの体が「疫病(病気)を免れる」ための働きのこと。

一般的には、体内の「自己」と「非自己(自分以外のもの)」を区別し、「非自己」を攻撃・排除すること、がん細胞など生命を脅かす「変質した自己」を攻撃・排除して疫病(病気)を免れる働きのことと定義づけられています。

私たちは、免疫力なくして生きていくことはできません。私たちの体は、自己と自己以外のもの、そして変質した自己を区別する防御システムによって守られています。

もっと具体的に言うと、私たちの体を流れる血液の成分のひとつである白血球の中には、たくさんの免疫細胞が含まれています。

その免疫細胞が、ウイルスなどの外的要因や、体内で起こる細胞の変質(がん化)などの異常から体を守ってくれているのです。

免疫力を保つには

免疫による体の防御システムは、個人差もありますが、ウイルスや細菌、環境、ストレス、そして食生活などの影響を受けます。

一般的に免疫力を保つためには、喫煙・飲酒を控えること、質の良い睡眠をとること、適度な運動をすること、よく笑うこと、ストレスをためないことなどが挙げられます。

心身を健やかに保つことが、免疫力を保つことにつながるのですね。

免疫力を高める意外な方法

98296717

ここまで免疫について説明してきましたが、この免疫と密接な関わりがあるのが、近頃何かと話題を集めている腸内環境です。

腸には、実に体全体の60〜70%の免疫細胞が集中しているといわれています。

腸は、この免疫細胞の働きによって、外界から侵入しようとする体に悪影響を与えるものをシャットダウンする、最大の免疫器官なのです。

つまり、腸内環境を整え、の免疫細胞を活性化することが、免疫力を高めるポイントとなります。

腸内の免疫細胞を活性化するために

115085723

免疫の要ともいえる腸内の免疫細胞を活性化させるためには、腸内細菌の種類と数を増やすことが有効です。

腸内細菌とは、腸にすみついている菌のこと。

菌というと体に悪影響を与えるイメージがあるかもしれませんが、腸内細菌は免疫細胞を鍛えて強くする役割を果たしてくれているのです。

私たちの腸の長さは、伸ばすとテニスコート1面分にも相当し、その中に非常に多くの腸内細菌がすみついています。
その数は、約100兆個。種類は数100種類といわれています。

この無数の腸内細菌の集合体は腸内フローラと呼ばれます。この名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

腸内フローラを形成する腸内細菌は、3種類に分類されます。

  1. 善玉菌:人の体に有効な働きをする菌
  2. 悪玉菌:腸内のものを腐らせたり、有毒物質をつくる菌
  3. 日和見菌:善玉にも悪玉にも分類されず、その時々の優勢な方に作用する菌

理想的な腸内フローラのバランスは、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割といわれていて、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進み、体に有害な物質が増えてしまいます。

これらの有害物質は腸管から吸収されると、肝臓、心臓、腎臓などに負担を与え、老化や生活習慣病の原因になることもあるのです。

腸内細菌を増やし、ベストバランスを保つ菌活

菌活とは、体にとって良い働きをする菌を食生活から積極的に取り入れること。

また、腸内にすんでいる善玉菌を育て、腸内環境を整えることを意味します。
腸内環境が整うと、代謝や免疫力が高まり、疲れにくく病気をしにくい元気な体になることができます。

毎年春になると花粉症に悩まされる人も多いと思いますが、腸内環境を整えることで花粉症の症状までも緩和することができるのです。

1.毎日継続して菌を取り入れる

105765627

菌活でまず最初に取り入れたいのは、麹や納豆、ヨーグルトなど、発酵食品を積極的に摂取すること。

とはいえ、いくら摂取しても菌は体外に排出されてしまうので、継続してとりいれることが大切です。特に乳酸菌は体内に長くとどまることができないので、継続して摂取することを心がけましょう。

2.体内で善玉菌を育てる

584191095

腸内にとりいれた善玉菌を育てるには、食物繊維オリゴ糖が必要不可欠です。

発酵食品と合わせて食物繊維、オリゴ糖を含む食品を摂取することで、それらが善玉菌のエサとなり、そのエサで育った善玉菌が腸内環境を改善してくれます。

菌活は決して難しいことではありませんが、継続なくしては十分な効果は得られません。

さまざまな食材や良質なサプリメントを組み合わせながら上手に乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖を摂取し、ストレスフリーで飽きのこない菌活ライフを楽しみましょう。

腸内環境を整えるオススメの乳酸菌はこちらです!

W THE FARM 【TRILLION-トリリオン-】免疫乳酸菌  7,128yen

o0600060013496909182

こちらは、白血球の栄養源と言われるBRMを多く含む乳酸球菌EF-2001を純粋培養し、加熱殺菌した菌体を含有する「食べるBRM」です。1包中に、1兆個相当の乳酸球菌が含有されています。

ベルBRM(バイオロジカルレスポンス モディフィヤー:生体反応修飾物質)とは

免疫強化物質として免疫機能を調節し、免疫の活性化やアレルギーの抑制など、生菌に勝るとも劣らぬ働きをしています。主にウイルス や細菌など外敵からの感染に対して抵抗力をつけたり、腸管粘膜を刺激して初期免疫を担当したり、アレルギー予防などさまざまな働きをしています。

あとは、水溶性の食物繊維は善玉菌のエサになるので、しっかりとって腸活に励みましょう!!

水溶性食物繊維と言えば海藻。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海藻はミネラルや食物繊維を多く含むからいいことは知っていても現代は水質汚染が心配・・と思っている方に朗報です!

こちらは、海洋の中でも水質汚染が少ないと言われるアイルランドのオーガニック海藻です。

Organic Seaweed ミックス 1,296yen

原材料名
有機わかめ、有機ダルス、有機シースピルリナ、有機アイリッシュモス

1_000000000938

Organic Seaweed シースピルリナ 1,296yen

 

人気のスピルリナもサプリメントでなくお料理で楽しめます!

1_000000000936

美容と健康、オーガニックなライフスタイルの提案「LUMIERE SELECTION

o0397028312978558435

 

長谷川朋美オンラインサロン

2017年4月15日スタート!
DMMオンラインサロンにて入会を受け付けております。

長谷川朋美オンラインサロン