94歳のニューヨーカー アイリス・アプフェルがあなたに教える【幸せ哲学】

アイリス・アプフェルという名の女性を知っていますか?

現在94歳にして現役の実業家であり、ニューヨーカーも一目置くファッショニスタとして君臨するスーパーレディ。

その破天荒な生き方は、ファッショニスタのみならず多くの人に影響を与え続けています。

そんな彼女の初のドキュメンタリー映画「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」には人生のヒントがたくさん詰まっていました。

’’自分を美人だと思ったことは、一度もない。私みたいな女は、努力して魅力を身につけるの’’

large-4

今やファッション界のカリスマと讃えられるアイリスだが、もともと自分の容姿に全く自信が持てなかったそう。

ある日知人の女性に、

’’あなたは美人ではないし、これから先も綺麗にならない。でもあなたにはセンスがある。’’

と言われ、自分の強みに気がついたという。

’’個性を磨くと人間としての深みが出る。それは歳を取っても変わらないわ。’’

と話す彼女の表情からは、しっかりと深みがにじみ出ています。

’’ハリー・ウィンストンより、4ドル程度のアクセサリーに胸が躍るの’’

large

いつも彼女が身につけているのは、トレードマークの大きな黒ぶち眼鏡と首元のたくさんのアクセサリー。

しかし意外にも、高価なジュエリーを身につけることは少ないそう。

小さな雑貨店で様々なテイストのアクセサリーを発掘し、それを独自にアレンジすることに宝石とは違う価値を見い出している。

’’ハーレムの人は、カラフルでスタイリッシュよね。ダウンタウンでは、皆黒づくめよ。制服みたいで面白くないわ’’

large-5

さまざまな人種が集まるニューヨークは、場所によって人も雰囲気もガラリと変わる。

中でも治安が悪いと言われ、黒人が多く住むハーレムでは個性的で派手なスタイルを楽しむ人が多く、ファッションを大いに楽しんでいる。

ハイソな高層ビルが立ち並び、同じ格好をしたビジネスマンが行き交うダウンタウンにアイリスは物足りなさを感じているようだ。

「センスがなくても、幸せならいい。皆好きな服を着るべきだもの。」

映画で一際目立つこの言葉は、私たちにファッションを楽しむということをシンプルに思い出させてくれます。

’’自分を表現するのはエイジレス’’ということが彼女の生き方に表れています。

これからも、アイリスという名のカッコイイおばあちゃんの活躍に期待したい。

長谷川朋美オンラインサロン

2017年4月15日スタート!
DMMオンラインサロンにて入会を受け付けております。

長谷川朋美オンラインサロン