あなたは、「リーキーガット症候群」を知っていますか?

 

腸内の慢性炎症から腸壁に穴が開き、通常腸壁を通過してはいけない

様々な物質が腸壁の穴から入り込み、アレルギーなど引き起こす

現代人に多く見られる疾病のひとつです。

 

 

食物アレルギーがある場合、もしかしたらあなたもリーキーガットかも??

 

私たちの何気ない生活習慣が原因となるリーキーガット症候群について知り、

ライフスタイルを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

リーキーガット症候群とは

 

115619334

 

 

リーキーガット症候群とは、各単語の意味の通り、腸の粘膜に穴が空き、菌やウィルス、たんぱく質など、本来は腸管内にあるべきものが血液中に漏れ出る病気のことです。

Leaky :漏れる Gut:腸 Syndrome:症候群

 

日本名では腸管壁浸漏症候群といい、腸壁の粘膜に穴が空いている、もしくは損傷しているために腸内の未分解の物質や有害な菌などが外に漏れ出してしまい、腸のバリア機能が破られた状態になってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

リーキーガット症候群の主な症状

 

 

リーキーガット症候群になると、荒れた腸壁の粘膜から作られた炎症物質や腸管内の菌やウィルス、きちんと分解されない状態のたんぱく質などの有害な物質が血液にのって体中に蔓延し、様々な面から健康に害を及ぼします。

 

主な症状としては、食物アレルギー、便秘、統合失調症、アトピー性皮膚炎、喘息など呼吸器疾患、偏頭痛、関節炎、子宮筋腫などが挙げられます。

 

上記のほかに、リーキーガットの度合が高まるにつれ、メタボリックシンドロームのリスクが高まり、太りやすくなるとも言われています。

 

また、腸内の機能が弱まり、消化酵素も不足しがちになるため、栄養素の吸収がしにくくなり、ビタミンやミネラルの欠乏状態にも陥りやすくなってしまうのです。

 

さらに今の季節でいうと、花粉症の症状が悪化することも知られており、リーキーガットがあらゆる面から体にマイナスの影響を与えることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

リーキーガット症候群の原因は乱れたライフスタイル

 

 

597314673

 

体に様々な悪い影響を及ぼすリーキーガット症候群の原因は、乱れたライフスタイルにあります。

どれかひとつが特別悪いということでなく、人それぞれの異なるライフスタイルの中に、それぞれの危険因子が潜んでいるのです。

 

以下に主な原因を挙げますので、自分のライフスタイルを見直し、できるものからひとつずつ取り除いてみましょう。

 

 

ストレス

 

自律神経が交感神経に傾くと、体の生理機能が低下します。

すると便秘もしやすく腸内フローラが乱れて炎症を起こしやすくなり、免疫も低下します。

 

 

 

睡眠不足

 

私たちは寝ている間に体や脳のメンテナンスをしていますが、睡眠不足だとうまくメンテナンスが行われず、いらないものが溜まりやすく、疲れも抜けない体になってしまいます。

すると、細胞の炎症がおこりやすくなり、体・・とくに腸の炎症も起こしやすい状態になってしまいます。

 

 

 

食品添加物や悪い油

 

本来、自然界にはなく人工的につくりだされたものの中には消化が困難な物質が多くあります。

特にトランス脂肪酸や参加した油には要注意。

腸だけでなく、細胞の炎症や、油で作られている脳の炎症も引き起こしやすくなります。

 

 

 

糖質の過剰摂取

過剰摂取が体に悪影響を与えることがよく知られている糖質は、病原微生物が繁殖する際のエサになるため、リーキーガット予防の観点からもやはり、摂り過ぎはNGです。

 

 

グルテンの過剰摂取

小麦などに含まれるグルテンは、腸内環境を乱し、様々なアレルギーを引き起こします。

 

 

カフェインの過剰摂取

お茶やコーヒーだけでなく、エナジードリンクを日常的に飲用している人も注意が必要です。

 

 

すぐに薬に頼る

体の不調の際にすぐに薬に頼ったり、ピルを常用している場合などにもリーキーガットのリスクは高まります。

消炎鎮痛剤や、抗生物質、ステロイドなどの多用、長期使用が症状を引き起こすのです。

特に抗生物質は、腸内フローラ(細菌叢)を乱してしまいます。

 

 

アルコールの過剰摂取

血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって分解された中間代謝物質であるアセドアルデヒドが、リーキーガットを引き起こしやすいため、二日酔いしやすい、アルコールを摂取すると顔が赤くなるなどアセドアルデヒドを分解しにくい体質の人は特に注意が必要です。

 

 

その他

バランスの悪い食生活、運動不足、空気中の化学物質の吸収などもリーキーガットの原因となり得ます。

 

 

 

これらは全て、腸内の慢性炎症を引き起こす原因です。

腸内の炎症を抑えられ、腸内環境をきれいにしておくことが大切!!

 

 

 

 

 

 

 

リーキーガット症候群にならないために

 

 

511749572

 

 

原因を見てわかるように、リーキーガット症候群は出てしまった症状のひとつひとつに対処療法で向き合うより、根本的な改善に努めることが重要です。

そのためには、偏った食生活や乱れた生活習慣をひとつずつ見直すこと、そして何といっても腸内環境を整えることが大切です。

 

 

 

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やし、またその働きを活性化するために乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖を摂取することが有効な手段として挙げられます。

 

 

523817845

 

詳しくはこちら↓↓↓

腸内環境と免疫の関係。健康な体を育てる腸活・菌活

 

 

 

 

 

リーキーガット症候群の改善に役立つこと

 

75780300

 

未然に防ぐことができればベストですが、もしリーキーガット症候群になってしまった場合、穴が空いたりダメージを受けたりした腸壁を回復させるためには、炎症を緩和するオメガ3系の脂肪酸を摂取して、粘膜のケアをすることが大切です。

 

また、予防策と同様にライフスタイルと腸内環境を整えることが症状の緩和、腸壁の状態の改善に欠かせません。

 

 

 

 

リーキーガット症候群は、上記の通り症状が多岐にわたります。

 

また、そもそもリーキーガット症候群は代替医療から生まれた仮定の症候群であるため、治療法が確立されていないという側面もあります。

そのため、リーキーガットそのものではなく、それを原因としたひとつひとつの症状に対処していく、また、免疫機能の低下によって蔓延したバクテリアやカンジダなどの細菌を除去するといった対策がとられるのが一般的です。

 

自分の健康を自分で守るため、日々のライフスタイルや習慣を見直し、ヘルシーでハッピーな毎日を送りましょう。

 

 

 

 

 

 

腸内環境を良くするおすすめプロダクツはこちらです↓

 

W THE FARM 【TRILLION-トリリオン-】免疫乳酸菌  7,128yen

 

o0600060013496909182

 

こちらは、白血球の栄養源と言われるBRMを多く含む乳酸球菌EF-2001を純粋培養し、加熱殺菌した菌体を含有する「食べるBRM」です。1包中に、1兆個相当の乳酸球菌が含有されています。

 

ベルBRM(バイオロジカルレスポンス モディフィヤー:生体反応修飾物質)とは

免疫強化物質として免疫機能を調節し、免疫の活性化やアレルギーの抑制など、生菌に勝るとも劣らぬ働きをしています。主にウイルス や細菌など外敵からの感染に対して抵抗力をつけたり、腸管粘膜を刺激して初期免疫を担当したり、アレルギー予防などさまざまな働きをしています。

 

 

 

 

 

W THE FARM オーガニックハニー【生ハチミツ】1,944yen

 

無農薬有機採蜜されたクローバー蜂蜜100%

養蜂場の半径5kmに農薬などを使用していないだけでなく、
ニュージーランド農務省の規定をクリアした、優れた原料を使用しています。

<原産国>ニュージーランド

 

  4_000000000851

 

 

 

炎症を抑える油はオメガ3!!

 

インカインチオイル 1,728yen

 

南米ペルーアマゾン熱帯雨林が原産地の、鮮やかな緑色をした星型の莢が目を引く
「インカインチ」と呼ばれる植物からとれた100%ピュアオイルです。

オメガ3と、ビタミンEが豊富です。

 

3_000000000253

 

 

 

美容と健康、オーガニックなライフスタイルの提案

LUMIERE SELECTION

 

ルミエールセレクション_w500

 

 


The following two tabs change content below.
mika

mika

1983年生まれ東京都在住。幼少期から「ことば」が好きで、特に限られた文字数で想いや本質、情景を伝えるキャッチコピーや詩の世界に惹かれ、大学ではイギリス詩を専攻。大学卒業後は接客・販売業を通して人の心を動かす視覚的・感情的アプローチを学ぶ。現在は「人、もの、コト」の魅力を人に伝えることを共通の目的として、マーケティング会社に勤務する傍ら、個人でWEBライター、PR、女性起業家のセミナーアシスタント、イベントプロデュース等の活動を行う。