今年も残りあとわずか。

本格的に来年の予定も入り始めて、日々のタスクに追われながらも来年はどんな一年にしたいか、どんなふうに過ごしたいか、ということを意識して日々を過ごす時期になりました。

 

どんなふうに過ごす日々に充実感や幸せを感じるかは人それぞれですが、来年こそはもっと「なりたい自分に近づきたい」、「理想の自分で生きたい」と思うなら、自分自身を映す鏡のような手帳を使って、縛ったり、制限したりするためではなく、自分らしい幸せを手に入れるためのマネジメントを意識してみてはいかがでしょうか。

 

長谷川朋美プロデュース手帳 BEAUTY LIFE DIARY 2017 を活用した、本当のタイムマネジメントについてご紹介します。

 

 

 

 

自分のことをよく知り、自ら幸せをクリエイトできるようになる

 

 

large-2

 

 

 

自分を見つめ直したい時や考えをまとめたい時、言葉にしてアウトプットしていくと、自分の中にある感情や考え、アイディアがまとまるという経験がある人は多いと思います。

 

 

長谷川朋美プロデュース手帳 BEAUTY LIFE DIARY 2017 は、自分としっかり向き合ってセルフコーチングをすることで、自分自身を本質的によく知り、周りの誰かや環境に頼らず、自らステキに輝き、自分の手で幸せをクリエイトしていける女性になるためのコンテンツが充実した、新しいタイプの手帳です。

 

 

 

o0425061113772066021

 

 

 

ボリュームのあるワークシートの中には、長谷川朋美アカデミー 「ビューティーライフエキスパート講座」で学ぶ、以下の6つの要素に関する内容とワークも盛り込まれています。

 

1.自分のbeingを知る
2.心と身体のヘルス&ビューティー
3.自分を取り巻く環境を整える丁寧な暮らし
4.コーチング
5.セルフブランディング
6.夢を叶える

 

 

手帳が手元に届いたら、まずこの6つのワークを通して現在の自分自身をよく知ることで、これからの自分が本当に在りたい姿や目指すべき場所が見えてくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

価値観の明確化

 

 

large-3

 

 

 

命とは、今流れている一瞬一瞬の時間そのもの。

少し極端に感じられるかもしれませんが、これは紛れもない事実です。

だからこそ、単なる時間管理術ではなく、本当に「在りたい自分」で生きていくためのタイムマネジメントが重要。

 

 

セミナーでは、その秘訣のひとつとして長谷川朋美流「価値観の明確化」についてシェアされました。

 

 

o0480047213774003393

 

 

 

例えば、好きなこと、やりたいことに取り組むとしても、表面的なことだけに着目して「こなす」ことに追われていては、本当の満足や幸せを感じられなかったり、十分な価値を得られなかったりして、本来目指していたものやモチベーション、好きだった気持ちを見失ってしまうことがあります。

 

「○○したい」だったはずのものが、いつの間にか「○○しきゃいけない」に変わり、心が伴わなくなってしまったら、それは単なる「作業」になってしまうからです。

大切なのは、「なぜ、したいのか」「そうすることで、どんな感情を得たいのか」を明確にもっておくこと。

 

年単位でも月単位でも日単位でも、達成すべき目標を考えるより、「価値観の明確化」をして、すべてのベースとなる指針をつくっておくことが大切という考え方です。

いつまでに何をすると決めなくても、軸を決めることで、焦らずブレない自分でいられるのです。

 

 

関連ブログ記事→ 2016年価値観の明確化

 

 

 

 

 

人生の優先順位を明確にする

 

 

img_6667

 

 

 

価値観の明確化ができたら、いよいよ時間の使い方に落とし込んでいきます。

 

 

価値観を明確にするためにはまず自分自身を知ることが必要なように、自分の時間の使い方をきちんと把握するには、日頃の自分の行動やそれに費やした時間を書き出して可視化することが有効です。

スケジュール帳は、先の予定を書くだけのものではなく、一日の振り返りにも活用できるのです。

 

レコーディングダイエットのように、ただ書き出してそれを把握するだけでも、少しずつマインドが変わり、時間の使い方に対する意識が高まるでしょう。

 

時間に対する意識を持てるようになったら、より自分の価値観に沿った時間の使い方ができるように、時間管理のマトリクスを使って、優先順位を明確にしてからスケジュールに落とし込むのがおすすめです。

 

 

 

o0640048013756061799

 

 

それぞれの項目を自分にとっての重要度と緊急度の二軸で見ることで、時間が埋まりやすいものや、優先順位を見誤っているものに気がつくことができます。

 

 

ここで落とし穴が・・一見、Aは重要にみえてしまうものです。

 

 

例えば、

・今週中に資料を作成しないと・・

・子供の送り迎えをしないと・・

・なくなっていた洗剤を買いにいかないと・・

 

 

 

ですが、本当に大切なことは、マトリクスのBに分類されます。

 

・いつか世界一周をしたいなぁ

・いつか絵を描いてみたいなぁ

・大好きなあの人に会いにいきたいなぁ

 

など、「心がワクワクする」もの。

でも緊急度が低いから、「いつか」となってしまう・・

 

 

 

でも、本当の自分はBをしていかないと見えてこないし、Bを夢見ながらAばかりしている日常は、疲れやストレスが多くなり、本当の自分を生きられません。

 

この時間管理のマトリクスは、今の自分の時間の使い方が価値観や人生の優先度に合った使い方かどうかを、確認するひとつの目安になるでしょう。

 

 

 

 

 

本当のタイムマネジメントとは

 

 

 

 

タイムマネジメントを、単なる時間の有効活用ではなく、「なりたい自分」になるための手段とするなら、時間通りにタスクをこなすことより、モチベーションやエネルギーも合わせてマネジメントすることで、いつも自分らしくイキイキといられること、些細なズレが生じても、うまく調整したりバランスを取ったりしながらブレずにいられることの方が重要です。

 

そのための秘訣は、スケジュールに余白をもたせること。

例えば、たくさんのタスクやアポイントがある日でも、各予定の間に咀嚼タイムを設けておくと、前の予定の内容を振り返る時間ができ、エッセンスをしっかり吸収して、より実のあるものにできたり、次の予定の準備をする時間をはさむことで、次の予定をより有意義なものにできたりします。

 

充実した時間を過ごすこと、それぞれの時間のクオリティを上げることは、時間を上手に使うだけではなく、モチベーションを高く保ち、ムダなエネルギーを使わないことにも効果的です。

 

 

そして、セルフマネジメントにおいて何よりも一番大切なことは、心と身体を健康に保つことです。

どんなに完璧にスケジュールを組んだとしても、それを実行し、自分の糧とするには、心と身体の健康が欠かせません。

心の元気(モチベーション)と身体の元気(体調)をベースに、「こう在りたい」と思う自分で日々を生きることが自信につながり、自らの手で幸せをクリエイトすることにつながっていくのではないでしょうか。

 

 

 

 

large-4

 

 

 

まっさらな手帳は、あなたが「なりたい自分」になるための最高のパートナーになってくれる可能性を秘めています。

 

あなたはまず、何を書きますか?

 

 

 

 

 

 

長谷川朋美プロデュース手帳 BEAUTY LIFE DIARY 2017

 

※アイボリーは完売。ブラウン(3,900円)とカバーなし(3,500円・文庫本のカバーがぴったりのサイズ)は在庫わずかです。

 

 

10_000000001092

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
mika

mika

1983年生まれ東京都在住。幼少期から「ことば」が好きで、特に限られた文字数で想いや本質、情景を伝えるキャッチコピーや詩の世界に惹かれ、大学ではイギリス詩を専攻。大学卒業後は接客・販売業を通して人の心を動かす視覚的・感情的アプローチを学ぶ。現在は「人、もの、コト」の魅力を人に伝えることを共通の目的として、マーケティング会社に勤務する傍ら、個人でWEBライター、PR、女性起業家のセミナーアシスタント、イベントプロデュース等の活動を行う。